ピル通販|低用量ピルは世界中の女性から支持されています! | 避妊ピル通販

低用量ピルは世界中の女性から支持されています

低用量ピルが支持される理由

世界中の女性たちがピルを支持している理由としては、避妊効果が高く、女性が主体となって避妊することが可能なことが挙げられるでしょう。

 

低用量ピルを服用したときの避妊失敗率は0.1%、コンドームを使用した場合の失敗率は3〜10%と言われ、低用量ピルを使えばほぼ確実な避妊効果が得られます。

 

低用量ピルを服用すれば月経周期が一定になり、月経痛が緩和します。今は妊娠したくないけれど、そのうち妊娠したいといった場合は、妊娠したくなれば服用するのを辞めればいいのです。

 

月経開始日をコントロールすることができるので、仕事や旅行などのスケジュールも立てやすくなります。

 

世界の女性はライフスタイルに合わせて低用量ピルを使用しています。今回は、低用量ピルの効果や魅力について見ていきましょう。

低用量ピルと他の避妊方法との効果の違い

日本で最も使われている避妊法はコンドームです。簡単に入手できる上、正しく使用すれば避妊成功率も高くて性病を予防することができます。

 

けれども、タイミングを間違って使用したりすると避妊に失敗することもあります。また、コンドームによる避妊は男性の協力が必要になり、女性の意思だけでは避妊をすることができません。性行為中の感度も落ちてしまうというデメリットもあります。

 

また、生理の周期などから排卵日を推定して妊娠しやすい期間を避けて性行為をするリズム法という避妊方法もあります。しかし、月経が不規則だと推定が難しく、避妊失敗率がやや高くなることがあります。

 

他にも子宮の中にIUD(子宮内避妊器具)を入れて避妊する方法や、性行為の前に腟内に殺精子剤をいれて精子を殺す方法などはありますが、専門医の指導のもとで使用する必要があり、手軽にできる避妊方法とは言えないでしょう。

低用量ピルによる避妊は、きちっと服用していいればもっとも避妊効果の高い方法です。日本で低用量ピルによる避妊をする人は1〜3%ととても少ないのですが、アメリカでは20%、欧州では約30〜50%の女性がピルによって避妊をしています。

 

性行為中の性感を損ねることも無く、満足した性行為ができるというメリットもあります。

 

ただし、低用量ピルは性感染症を防ぐことはできません。性感染症の予防にはコンドームを併用することが大切です。

低用量ピルの避妊効果以外のメリット

低用量ピルを服用すれば月経痛も軽くなり、経血量も減少するので月経中の負担が軽減します。

 

月経周期が一定になるのでスケジュールが立てやすく、また、月経開始日を変更するなど月経を調節することもできます。

 

また、子宮内膜症の進行を抑えたりその症状の改善、良性乳房疾患の減少、子宮体がん・卵巣がんなどのリスク低減骨粗鬆症へのリスク低減のほか、にきびの改善や美肌効果なども期待でき、世界の女性にとって低用量ピルは、ますます重要になっていくと考えられています。

低用量ピル一覧

低用量避妊ピルの代名詞

小柄な女性向けピル

太らないピル

生理不順を改善

大人ニキビにも効果

緊急避妊にも効果

副作用を抑えたピル

副作用が軽い

緊急避妊に使用可

生理痛を緩和

体重増加を抑制

人気ピルのお得なセット

低用量ピル「トリキュラー」の海外正規品

トリキュラー1年パックの詳細はコチラ

  • 1箱当たり¥630は、通販最安値です。
  • 病院処方より、ピル費用を大幅に節約できます。
  • 全国送料無料でお届けします。

便利!郵便局での商品受け取りも可能です。

郵便局留め

留守にしがちで商品をいつ受け取れるかわからない

 

海外からの国際通常書留のお荷物は、あいにく日時指定や時間指定をお受けすることができません。郵便局留めの場合には、郵便局にて、いつでもお荷物のお受け取りが可能です。


商品の購入を家族に知られたくない

 

お客様の中には、家族がお荷物を受け取り、勝手に開封されてしまわないかと心配な方も多いです。郵便局留めの場合には、お受取人様本人のみ受け取りが可能です。ご家族や同居人に注文した商品を知られる心配はございません。

海外医薬品の個人輸入について

医薬品の個人輸入は、購入数や用途などが薬事法による制約を受けますが、そのルールのもと合法化された、海外で販売されている処方箋医薬品を自由に購入できる個人の権利です。

page top