低用量ピルの1相性ピルと3相性ピルの特徴

低用量ピルの1相性ピルと3相性ピルの特徴

低用量ピルにはたくさんの種類があります。商品名の違いだけで同成分配合のものもありますが、全く異なる成分、配合のものあります。それが1相性と3相性の違いでもあります。

 

では、この低用量ピルの1相性と3相性の違いとはどのようなものなのでしょうか。それぞれの特徴とメリット、デメリットなどについても詳しく考察していきましょう。

低用量ピル1相性タイプの特徴

ノベロンの購入はコチラ

1相性タイプの低用量ピルに代表されるのはノベロン(マーベロンジェネリック)です。1相性ピルの1相とは黄体ホルモンの配合が同じで変化しないという事を表しています。つまり1周期21錠が同量、同成分という事です。その為、低用量ピルの中でも有効成分の配合量が少なく副作用も少ないピルとなっています。使用方法も簡単で1日くらいの飲み忘れならそれほど気にする事はない、忙しい現代女性に有り難い低用量ピルだと言えるでしょう。

 

しかし、少ない有効成分で効果を存分に得ることが出来るのか?こんな疑問や不安を抱く方もいらっしゃると思います。

 

ご安心してください。この1相性タイプの低用量ピルのノベロン(マーベロンジェネリック)は、ピルで言うと第3世代の低用量ピルです。この第3世代のピルはアンドロゲン作用と言う男性化してしまう副作用を抑えるデソゲストレルやゲストデンといった新しい黄体ホルモンを配合しています。ですから今まで少しですが存在した男性化という副作用を改善した、という特徴も持っています。この事から副作用を気にすることなく低用量ピルの効果を得ることが出来たのです。

 

最近では、第4世代の超低用量ピルのヤーズという低用量ピルが出てきました。このヤーズも1相性タイプの低用量ピルで第3世代の低用量ピルにあった副作用をさらに軽減したものとして注目されています。

低用量ピル3相性タイプの特徴

トリキュラーの通販

3相性タイプの低用量ピルに代表されるのはトリキュラーです。3相性ピルの3相とは黄体ホルモンの配合量が3相、つまり3段階に分れていることを表しています。

 

製品により変化のさせ方に違いがあり、体質に合う合ないが分かれますので副作用が気になった場合や、体質に合わないと感じた場合は色々試してみましょう。3相性タイプの低用量ピルのトリキュラーは、黄体ホルモンの配合量が摂取後半になるほど増えていくようコントロールされていますので自然なホルモン分泌に近く副作用が出にくい事が特徴です。

低用量ピル1相性タイプ

ヤスミンの購入はコチラ

ダイアン35の購入はコチラ

ノベロンの購入はコチラ

ヤスミン
生理痛に伴うつらい症状を改善する低用量ピル

ダイアン35
アジア人向けに開発された低用量避妊ピル

ノベロン(マーベロンジェネリック)
生理不順改善・避妊のための低容量ピル「マーベロン」のジェネリック

詳細はコチラ

詳細はコチラ

詳細はコチラ

低用量ピル3相性タイプとアフターピル

トリキュラーの通販

アイピルの購入はコチラ

低用量ピルの1相性ピルと3相性ピルの特徴 | 避妊ピル通販

トリキュラー
国内向け低容量ピル「トリキュラー」の海外正規品

アイピル
後からフォローできる人気のアフターピル

エラワンジェネリック
避妊をし忘れてしまったときのためのアフターピル

詳細はコチラ

詳細はコチラ

詳細はコチラ