ピル通販|アフターピルの使用方法と効果 | 避妊ピル通販

アフターピルの使用方法と効果

アフターピルの使用方法と効果

アフターピル(緊急避妊ピル)は、どのようなタイミングで飲むと良いのでしょうか。緊急避妊ピルは避妊失敗の可能性のある性交後から72時間以内に服用してください。時間が経てば経つほど緊急避妊ピル効果は得られなくなります。緊急避妊ピルは72時間以上経過した後では効果が得られません。

 

飲み方としては、性交後72時間以内に1回服用し、さらに1回目の服用から12時間後、もう1回服用します。服用後2時間以内に吐き気などの副作用から嘔吐してしまった場合は念のためもう1度緊急避妊ピルを飲みなおしましょう。
アイピルは、72時間以内に1錠服用すれば良いので人気が有ります。

 

2時間以上経っているなら、もし吐いてしまっても成分は体に吸収されていますので、そのまま様子を見てよいでしょう。現在、効果があるとされている方法はエチニルエストラジオールとノルゲストレルというホルモン剤を摂取する方法です。日本では認可されたものがまだなく、中用量ピルのドオルトンもしくはプラノバールで代用されています。

 

緊急避妊ピルはあくまでも緊急用と言う位置づけを心にとめておいてください。頻回に使用する事は避妊失敗率や副作用の面からみてもリスクが高いと言えるからです。

 

しかも緊急避妊ピルの避妊効果があったかどうかはすぐには分かりません。緊急避妊ピル服用後、生理が来て初めて効果があったことが分かります。基本的には緊急避妊ピルを使用した場合、通常の生理周期より早く生理が来る傾向にあります。

 

生理が生理予定日から1週間以上遅れた場合は妊娠している可能性がありますので早めの産婦人科受診が勧められます。生理予定日から1週間以上経ってからの生理も、実は生理ではなく着床出血だったとか流産兆候だったなんて言う可能性もありますので産婦人科に受診する事をお勧めします。

アフターピル一覧

72時間以内に1錠服用

120時間妊娠回避

ジェネリック品で安価

2番人気のピル

72時間以内に、1錠服用

72時間以内に、1錠服用

アイピル7箱パック

普段から妊娠を望まない場合は副作用の少ない低用量ピルでの避妊をおすすめします。

低用量避妊ピルの代名詞

小柄な女性向けピル

太らないピル

生理不順を改善

大人ニキビにも効果

緊急避妊にも効果

副作用を抑えたピル

副作用が軽い

緊急避妊に使用可

生理痛を緩和

体重増加を抑制

人気ピルのお得なセット

低用量ピル「トリキュラー」の海外正規品

トリキュラー1年パックの詳細はコチラ

  • 1箱当たり¥630は、通販最安値です。
  • 病院処方より、ピル費用を大幅に節約できます。
  • 全国送料無料でお届けします。
page top