アフター(緊急避妊)ピルの副作用と注意点

ピルの副作用と注意点

アフター(緊急避妊)ピルには重篤ではないにせよ副作用が確認されています。むかつき、吐き気、嘔吐、めまい、腹痛、むくみ、下痢、不正性器出血などが副作用として挙げられます。特にむかつき、吐き気や嘔吐などはかなり多くの方が副作用として感じるようです。しかし、24時間以内に収まる事がほとんどです。

 

副作用以外にも、アフター(緊急避妊)ピルを服用する時の注意すべき点は4つあります。

アフター(緊急避妊)ピル服用時期が排卵期だった場合、排卵を抑制する効果が認められています。その為、アフター(緊急避妊)ピルを飲んだから避妊効果が続くと考えるのは危険です。生理が来るまでに性交渉を持つ場合は必ず避妊をするようにしてください。
血栓静脈炎や、脳血管障害、乳がん、子宮外妊娠の既往歴がある方の使用は控えるようにしましょう。症状が悪化したり、再発する可能性が高まります。
アフター(緊急避妊)ピルはエイズやその他、性感染症を予防するものではありません。あくまで避妊効果があるだけです。ですから、それら感染症の予防としてコンドームの使用をお勧めします。もしも、性感染症のリスクのある性交渉をした時には産婦人科への受診をお勧めします。
世界的にはスタンダードなアフター(緊急避妊)ピルですが、日本ではまだ未承認のものです。しかもアフター(緊急避妊)ピルは副作用もあるため、アフター(緊急避妊)ピルは継続的に使用する事は避けましょう。継続的に避妊したいなら副作用の少ない低用量ピルの使用をおすすめします。

アフターピル一覧

アイピルの詳細はコチラ

アイピル

 

アイピルは、妊娠の緊急避妊として、世界中で最も知られているモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。モーニングアフターピルを服用すれば妊娠を防ぐ事が可能になります。



商品詳細

エラワンジェネリックの詳細はコチラ

エラワンジェネリック

 

エラワンは、望まない妊娠を避ける緊急避妊薬(アフターピル)です。エラワンは120時間(5日以内)に1錠服用すると効果を発揮するので、ノルレボよりも時間的な余裕があります。



商品詳細

ポスティノールの詳細はコチラ

ポスティノール

 

性行為中の避妊失敗をフォローしてくれる、モーニングアフターピル・ポスティノールは、日本では、一般にノルレボとして処方されているジェネリック医薬品です。性交後72時間以内に1錠服用し、服用の12時間後にもう1錠のピルを服用します。



商品詳細

アンウォンテッドの詳細はコチラ

アンウォンテッド72

 

アンウォンテッド72は、妊娠の緊急避妊として非常に多くの女性に愛用されるモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。モーニングアフターピルを服用していれば妊娠を防ぐ事が可能になります。



商品詳細

シー72の詳細はコチラ

シー72

 

シー72は、モーニングアフターピルと呼ばれる妊娠を避けるための緊急避妊薬です。避妊をせずに性交渉をしてしまったり、避妊具が破れてしまったなどといったトラブルによる、望まない妊娠を防ぐための薬です。



商品詳細

ノーフェア72の詳細はコチラ

ノーフェア72

 

ノーフェア72(ノルレボジェネリック)は、モーニングアフターピルで、ノルレボという緊急避妊薬のジェネリック医薬品となります。望まない妊娠や計画外の妊娠を避けるための緊急避妊薬です。



商品詳細