アフター(緊急避妊)ピルと低用量ピルの違い

アフター(緊急避妊)ピルと低用量ピルは、どのような違いがあるのか、 2つの違いについてまとめてみました。

 

アフター(緊急避妊)ピルと低用量ピルの違い

避妊作用

  • アフター(緊急避妊)ピル:子宮内膜に作用し受精卵の着床を防ぐ。
  •  

  • 低用量ピル:排卵を抑制する。

副作用

  • アフター(緊急避妊)ピル:吐き気や嘔吐、時にはめまいやむくみなども起こる場合もある。 24時間以内に収まる事がほとんどである。
  •  

  • 低用量ピル:ほとんどない。ある場合も使用していくにつれなくなっていく。

服用のタイミング

  • アフター(緊急避妊)ピル:避妊に失敗した性交渉後72時間以内に服用する事。 72時間以上経過した後では効果はない。
  •  

  • 低用量ピル: 1日1錠、毎日決まった時間に服用する事。 飲み忘れや飲み間違いをしない事が前提。

性感染症予防

  • アフター(緊急避妊)ピル: できない。
  •  

  • 低用量ピル: できない。

保険適用の有無

  • アフター(緊急避妊)ピル:保険適用外の自由診療。
  •  

  • 低用量ピル:保険適用外の自由診療。

かかる費用

  • アフター(緊急避妊)ピル:1回あたり1万円前後。 医療機関により金額は異なるので要確認。
  •  

  • 低用量ピル:1か月3千円前後。 医療機関により金額は異なるので要確認。

後遺症や重篤な副作用

  • アフター(緊急避妊)ピル:特になし。
  •  

  • 低用量ピル:特になし。

 

アフター(緊急避妊)ピルについてお分かりいただけたと思います。望まない妊娠による中絶手術を避けるためにもアフター(緊急避妊)ピルの存在を知っている事は大きな意味があります。あってはなりませんが性犯罪に巻き込まれた時などはなおさらです。

 

このアフター(緊急避妊)ピルの事を良く知り、必要な時には活用してください。多少の副作用はありますが中絶手術と比べたら心の負担も体の負担も雲泥の差です。そして、普段から妊娠を望まない場合はアフター(緊急避妊)ピルを常用するなどではなく副作用の少ない低用量ピルで確実に避妊できる状態を保ちましょう。

 

その時々の場合により薬を賢く選択する事が大切なのです。

アフター(緊急避妊)ピル一覧

アイピルの詳細はコチラ

アイピル

 

アイピルは、妊娠の緊急避妊として、世界中で最も知られているモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。モーニングアフターピルを服用すれば妊娠を防ぐ事が可能になります。



商品詳細

エラワンジェネリックの詳細はコチラ

エラワンジェネリック

 

エラワンは、望まない妊娠を避ける緊急避妊薬(アフターピル)です。エラワンは120時間(5日以内)に1錠服用すると効果を発揮するので、ノルレボよりも時間的な余裕があります。



商品詳細

ポスティノールの詳細はコチラ

ポスティノール

 

性行為中の避妊失敗をフォローしてくれる、モーニングアフターピル・ポスティノールは、日本では、一般にノルレボとして処方されているジェネリック医薬品です。性交後72時間以内に1錠服用し、服用の12時間後にもう1錠のピルを服用します。



商品詳細

アンウォンテッドの詳細はコチラ

アンウォンテッド72

 

アンウォンテッド72は、妊娠の緊急避妊として非常に多くの女性に愛用されるモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。モーニングアフターピルを服用していれば妊娠を防ぐ事が可能になります。



商品詳細

シー72の詳細はコチラ

シー72

 

シー72は、モーニングアフターピルと呼ばれる妊娠を避けるための緊急避妊薬です。避妊をせずに性交渉をしてしまったり、避妊具が破れてしまったなどといったトラブルによる、望まない妊娠を防ぐための薬です。



商品詳細

ノーフェア72の詳細はコチラ

ノーフェア72

 

ノーフェア72(ノルレボジェネリック)は、モーニングアフターピルで、ノルレボという緊急避妊薬のジェネリック医薬品となります。望まない妊娠や計画外の妊娠を避けるための緊急避妊薬です。



商品詳細

 

低用量ピル一覧

トリキュラーの詳細はコチラ

トリキュラー

 

国内利用者が最も多い低用量ピル、トリキュラーの海外正規品です。自然なホルモン分泌を促し、排卵を抑制・着床阻害することによって、避妊効果を得ることができます。



商品詳細

あんしん避妊セットの詳細はコチラ

あんしん避妊セット

 

日本で最もポピュラーな低用量ピル・トリキュラー(5箱)、72時間以内に飲めば妊娠阻止率85%の緊急避妊薬・アイピル(2箱)の割引セット。リーズナブルな価格で利用できる点が人気です。



商品詳細

ノベロンの詳細はコチラ

ノベロン

 

ノベロン(マーベロン)は、アフターピルとしても代用でき、副作用も少なく体に優しいピルといわれています。また、生理痛や生理不順の解消、卵巣がんの予防効果もあるとされています。日本では個人輸入でしか手に入れることができません。ぜひこの機会にお求めください。



商品詳細

ヤスミンの詳細はコチラ

ヤスミン

 

ヤスミンは、体重増加の副作用を軽減した最新の低用量ピルです。また、ヤスミンには、むくみを抑える作用があり、ニキビ治療や予防にも効果があり、世界中から絶大な支持を集めています。避妊効果は99%の避妊薬です。



商品詳細

ダイアン35の詳細はコチラ

ダイアン35

 

現在販売されているピルの殆どは体格の大きい欧米人向けに作られています。それを小柄なアジア人が服用すると副作用が強く出てしまうというケースが問題とされてきました。ダイアン35は、小柄なアジア人向けに製造され、身体への負担が少なくなっています。



商品詳細

フェミロンの詳細はコチラ

フェミロン

 

フェミロン(マーシロン)は、日本でも広く使用されているマーシロンと同じ薬です。ホルモンの含有量が少ない分、副作用のリスクが少ないとされています。また、避妊効果以外にも生理痛や生理不順の改善、卵巣がん予防などの効果も期待されます。



商品詳細

ジネット35の詳細はコチラ

ジネット35

 

ジネット35は、アジア人向けに製造された低用量避妊ピルで、「ダイアン35」のジェネリック医薬品です。アジアを始め世界中で支持を集めており、安心してお使い頂ける避妊薬の1つで、妊娠を希望されていない方にお勧めの医薬品です。



商品詳細

ジュリアナの詳細はコチラ

ジュリアナ

 

ジュリアナは、ノベロンのジェネリック医薬品で、一般的な黄体ホルモン剤に見られるような男性ホルモン様作用は弱く、ニキビなどに良い効果があることで知られています。本薬は、できるだけホルモン含有量を抑えて副作用を抑えるべく開発されたものです。



商品詳細

マイクロジノン21の詳細はコチラ

マイクロジノン21

 

マイクロジノン21は、トリキュラーと同じバイエル社から販売されています。マイクロジノンは、1種類のピルにすべての成分が入っているため、飲み違いなどに気を使う必要がありません。



商品詳細

ロエッテの詳細はコチラ

ロエッテ

 

ロエッテは、従来のピルと比較して副作用が少ない事が特徴。通常の避妊薬として使用する他にも、避妊をしない性交渉をしてしまった場合の緊急避妊薬としても使用できる事から人気の高いお薬です。



商品詳細

ヤーズの詳細はコチラ

ヤーズ

 

ヤーズ(超低容量ピル)とは、従来のピルで確認されていた体重増加という女性にとって最も抵抗がある副作用を、極限まで取り除く事を目的とした第4世代の新しい超低用量ピルです。激しい生理痛にも効果があります。



商品詳細

ヤミニの詳細はコチラ

ヤミニ

 

ヤミニは、第4世代と言われている最新のピルであるヤスミンのジェネリック医薬品です。長所は、月経時における出血量の減少、卵巣ガンのリスク減少、骨盤内感染症の予防などです。また、ヤスミン同様むくみを抑制する作用があります。



商品詳細