ピル通販|アフター(緊急避妊)ピルと低用量ピルの違い | 避妊ピル通販

アフター(緊急避妊)ピルと低用量ピルの違い

アフター(緊急避妊)ピルと低用量ピルは、どのような違いがあるのか、 2つの違いについてまとめてみました。

アフター(緊急避妊)ピルと低用量ピルの違い

 

避妊作用

  • アフター(緊急避妊)ピル:子宮内膜に作用し受精卵の着床を防ぐ。
  •  

  • 低用量ピル:排卵を抑制する。

副作用

  • アフター(緊急避妊)ピル:吐き気や嘔吐、時にはめまいやむくみなども起こる場合もある。 24時間以内に収まる事がほとんどである。
  •  

  • 低用量ピル:ほとんどない。ある場合も使用していくにつれなくなっていく。

服用のタイミング

  • アフター(緊急避妊)ピル:避妊に失敗した性交渉後72時間以内に服用する事。 72時間以上経過した後では効果はない。
  •  

  • 低用量ピル: 1日1錠、毎日決まった時間に服用する事。 飲み忘れや飲み間違いをしない事が前提。

性感染症予防

  • アフター(緊急避妊)ピル: できない。
  •  

  • 低用量ピル: できない。

保険適用の有無

  • アフター(緊急避妊)ピル:保険適用外の自由診療。
  •  

  • 低用量ピル:保険適用外の自由診療。

かかる費用

  • アフター(緊急避妊)ピル:1回あたり1万円前後。 医療機関により金額は異なるので要確認。
  •  

  • 低用量ピル:1か月3千円前後。 医療機関により金額は異なるので要確認。

後遺症や重篤な副作用

  • アフター(緊急避妊)ピル:特になし。
  •  

  • 低用量ピル:特になし。

 

アフター(緊急避妊)ピルについてお分かりいただけたと思います。望まない妊娠による中絶手術を避けるためにもアフター(緊急避妊)ピルの存在を知っている事は大きな意味があります。あってはなりませんが性犯罪に巻き込まれた時などはなおさらです。

 

このアフター(緊急避妊)ピルの事を良く知り、必要な時には活用してください。多少の副作用はありますが中絶手術と比べたら心の負担も体の負担も雲泥の差です。そして、普段から妊娠を望まない場合はアフター(緊急避妊)ピルを常用するなどではなく副作用の少ない低用量ピルで確実に避妊できる状態を保ちましょう。

 

その時々の場合により薬を賢く選択する事が大切なのです。

アフター(緊急避妊)ピル一覧

72時間以内に1錠服用

120時間妊娠回避

ジェネリック品で安価

2番人気のピル

72時間以内に、1錠服用

72時間以内に、1錠服用

アイピル7箱パック

 

低用量ピル一覧

低用量避妊ピルの代名詞

小柄な女性向けピル

太らないピル

生理不順を改善

大人ニキビにも効果

緊急避妊にも効果

副作用を抑えたピル

副作用が軽い

緊急避妊に使用可

生理痛を緩和

体重増加を抑制

人気ピルのお得なセット

低用量ピル「トリキュラー」の海外正規品

トリキュラー1年パックの詳細はコチラ

  • 1箱当たり¥630は、通販最安値です。
  • 病院処方より、ピル費用を大幅に節約できます。
  • 全国送料無料でお届けします。
page top