フェミロン(マーシロン):低用量ピル

生理不順を改善します。

フェミロン(マーシロン)は日本でも広く使用されているマーシロンと同じ薬です。ホルモンの含有量が少ない分、副作用のリスクが少ないとされています。また、避妊効果以外にも生理痛や生理不順の改善、卵巣がん予防などの効果も期待されます。

フェミロンのピル通販はコチラ

送料無料

  • 数 量:21
  • 消費税無料 / 手数料無料
  • 正規品100%保証・処方箋不要
  • 追跡番号付きスピード配送
  • 郵便局留め対応

フェミロン1年パックの詳細はコチラ

低用量ピル、アフターピルを通販で購入されたお客様の感想を商品写真付きで掲載しています。ご購入時の参考に最適です。

発送からお受取まで万全サポート

郵便追跡サービス

 

商品発送後にお荷物番号をご連絡させていただいております。お荷物番号を元に、郵便局のホームページにて配送状況の追跡が可能です。

フェミロンの効果・効能・特徴

  • フェミロンはマーシロンのジェネリックとして開発されました。
  • 特徴としては、他の避妊薬と比べて、女性ホルモンの量が少なく、小柄なアジア人にあった分量になっていることです。
  • 視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を促します。
  • フェミロンは排卵サイクルのコントロールができるため、生理周期の調整や生理痛の緩和といった効果があります。
  • 正常な生理周期を得ることでホルモンバランスの乱れから起こる精神の不安や、ニキビや肌荒れといった症状にも効果があると言われています。
  • 他にも、子宮内膜変化を抑えることから、子宮内膜症などの予防や治療にも使用されています。
  • 良性乳房疾患、卵巣がん、子宮体がんの発症頻度が低下する効果も報告されています。

効果的なフェミロンの使用方法

  • 1日1錠を水と一緒に服用します。毎日飲むことで効果がアップします。
  • 1箱21錠がセットになっていてますので、全て使用した後7日間を空けて再度服用します。

ピルを飲み忘れた場合

  • 飲み忘れが1日の場合、気づいた時点で飲み忘れた1錠をただちに飲み、さらにその日の分も通常どおり飲んで下さい。その日は2錠飲むことになります。
  • 2日以上連続して飲み忘れた場合、その時点で飲むのを止めて、次の月経を待って新しいシートから再び飲み始めて下さい。
  • 服用を中止したシートに残っている薬は飲まないで下さい。
  • なお、飲み忘れによって妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用して下さい。

ピルを飲み忘れた時期ごとの対処法

 

お客様の口コミ

フェミロン通販 | トリキュラーと人気を二分する信頼の高いピル

続けやすいです 四つ星 30代

マーベロンと迷ってこちらを購入。マーベロンより少し高いですが、超低容量ということで身体のことを考えて選びました。わたしは全く副作用が起きませんでした

フェミロン通販 | トリキュラーと人気を二分する信頼の高いピル

マーシロンは有名ですね 五つ星

以前ピルを飲んでいる友達にアドバイスしてもらった時、彼女はマーシロンを飲んでるって言ってました。日本の婦人科ではマーシロンを処方される事が多いのかな。知ってる薬のジェネリックだと、何となく安心感がありますね。

フェミロン通販 | トリキュラーと人気を二分する信頼の高いピル

卵巣がん予防でチョイス☆ 五つ星

少し前にも別ピルで投稿しましたが現在トリキュラー使ってますけど他のはどんなだろうと試し買いしました(^^)後日感想レビュー書きます☆

便利!郵便局での商品受け取りも可能です。

スピード配送

追跡番号付きスピード配送でお届けします。
お薬発注後、お客さまの荷物番号をメールにてお知らせしております。インターネット上で荷物の移動状況が確認できます。お届けまでの日数は最短で5日です。梱包は、お客様のプライバシーに考慮して外箱から商品の中身が分からないようにご自宅へお届けします。配送は、全国送料無料の国際通常書留(航空便)で発送となります。(郵便局留めに対応しております)

郵便局留め

留守にしがちで商品をいつ受け取れるかわからない

 

海外からの国際通常書留のお荷物は、あいにく日時指定や時間指定をお受けすることができません。郵便局留めの場合には、郵便局にて、いつでもお荷物のお受け取りが可能です。


商品の購入を家族に知られたくない

 

お客様の中には、家族がお荷物を受け取り、勝手に開封されてしまわないかと心配な方も多いです。郵便局留めの場合には、お受取人様本人のみ受け取りが可能です。ご家族や同居人に注文した商品を知られる心配はございません。

海外医薬品の個人輸入について

医薬品の個人輸入は、購入数や用途などが薬事法による制約を受けますが、そのルールのもと合法化された、海外で販売されている処方箋医薬品を自由に購入できる個人の権利です。