トリキュラーの飲み方・使い方

トリキュラーの飲み方・使い方

ピルと聞いてまず最初にどんなことを思い浮かべますか?ピルのイメージでは避妊や生理周期の安定に使われるが、ホルモンバランスに作用するため、鬱や吐き気、そして太りやすくなるなんて言う副作用もあるというのが一般的でしょう。

しかし、最近では低用量ピルといった副作用の少ない、それでいてホルモンバランスを整える効果や避妊効果、生理周期の正常化に効果のあるものが主流になってきています。

低用量ピルの事を詳しく知り活用する事で生活の質を上げることも可能です。 当サイトでは、低用量ピルの中でも日本でのシェア率ナンバー1のトリキュラーについて詳しく説明していきたいと思います。

トリキュラーの飲み方・使い方記事一覧

低用量ピル「トリキュラー」とは、どのようなものなのでしょうか?トリキュラーは、低用量ピルの第2世代、3相性の※デイワンスタートピルです。第2世代とはレボノルゲストレルという黄体ホルモンを使用したピルです。この第2世代ピルはエストロゲンが低用量でありながらも効き目の高いピルとして画期的な製品です。デイワンスタートピルとは生理の初日(生理が始まって24時間以内)から飲み始めるものです。この場合、飲み始...

どのような効果の高いピルでも正しい使い方をしなければ効果は半減します。トリキュラーの正しい使用方法についてご説明します。トリキュラーの服用は6(赤褐色)錠剤からスタートします。1日1回1錠を服用します。6錠(赤褐色)⇒5錠(白)⇒10錠(黄)の順で21日間飲み進めます。最後の7日間は休薬します。これ以降は、1〜4を繰り返します。なお、飲み忘れた場合は、避妊効果が確立されにくくなりますのでその周期は...

トリキュラーは、優秀な低用量ピルですが飲み忘れてしまうと思うような効果は発揮できません。 飲み忘れてしまったら必ず他の避妊方法を行って下さい。特にトリキュラーのような3相性のピルはどの段階で飲み忘れたかによって状況は変わると覚えておきましょう。飲み忘れた時期ごとの対処法は、以下の通りです。飲み忘れ12時間以内本来飲む時間から12時間以内の飲み忘れであれば問題はないのでそのまま服用してください。飲み...

page top