緊急避妊ピルとは? | 避妊ピル通販

緊急避妊ピル(アフターピル)とは?

緊急避妊ピル

緊急避妊ピルとは、その名のとおり緊急避妊するためのアフターピルです。性行為時にコンドームを着用し忘れてしまったり、コンドームが破れてしまった、ピルを飲み忘れてしっまたときなど、ヒヤっとしたときに使用するお薬です。性向後72時間以内(3日以内)に服用すればいいので、時間的に余裕があるというメリットがあります。

 

緊急避妊ピル(アフターピル)の効果・効能

緊急避妊ピルが避妊に有効なのは、服用すると妊娠したのとおなじ状態になるからです。主成分である黄体ホルモンが体を妊娠しているときに近い状態にしますので、妊娠しているときに性行為をしても妊娠しないように、避妊することができるのです。もちろん効果は100%というわけではありませんが、臨床実験の結果、正確に使用した場合、失敗例はたったの2%ですので非常に高い確率で避妊が可能です。

緊急避妊ピル(アフターピル)の注意点

緊急避妊ピルは緊急用ですので、通常のピルよりも成分の配合が多くなっています。そのため、吐き気などの副作用が強くなっています。もし、副作用が心配な場合、成分を少なめにし、副作用をおさえた低容量ピルを使用するのがおすすめです。どちらの緊急避妊ピルを選ぶにしても、使用するのはあくまで緊急用としてのみにしてください。日頃はコンドームや避妊ピルで対策することが重要となります。

EU諸国での使用率は21.4パーセント

また、日本の低用量ピル使用率は5.5パーセント。EU諸国での使用率は21.4パーセントにのぼり、4分の1程度の使用率でしかないことがわかりました。また、使用上の副効用が正しく理解されていなかったり、誤認があることもその調査から明らかになったのです。

 

日本で初めて緊急避妊ピルが発売されたのは、2011年のこと。先進諸国では使用が当たり前のようになっていますが、日本ではまだまだ認知度が足りません。上記の調査が行われたのは、発売から1年少したったころです。その段階で使用経験がある女性は3.8パーセントにとどまり、存在すら知らなかった女性が約半数にものぼったことを考えると、日本の女性に自分の人生と身体を守る術が浸透していたとはいえません。12.3パーセントの女性が、緊急避妊ピルを使いたい状況に直面したことがあると答えていることを踏まえると、このピルの認知度が高まり、正しい理解が進めば、日本での利用も増加していくものと思われます。

人気の緊急避妊ピル(アフターピル)

72時間以内に1錠服用

120時間妊娠回避

ジェネリック品で安価

2番人気のピル

72時間以内に、1錠服用

72時間以内に、1錠服用

アイピル7箱パック

便利!郵便局での商品受け取りも可能です。

郵便局留め

留守にしがちで商品をいつ受け取れるかわからない

 

海外からの国際通常書留のお荷物は、あいにく日時指定や時間指定をお受けすることができません。郵便局留めの場合には、郵便局にて、いつでもお荷物のお受け取りが可能です。


商品の購入を家族に知られたくない

 

お客様の中には、家族がお荷物を受け取り、勝手に開封されてしまわないかと心配な方も多いです。郵便局留めの場合には、お受取人様本人のみ受け取りが可能です。ご家族や同居人に注文した商品を知られる心配はございません。

海外医薬品の個人輸入について

医薬品の個人輸入は、購入数や用途などが薬事法による制約を受けますが、そのルールのもと合法化された、海外で販売されている処方箋医薬品を自由に購入できる個人の権利です。

page top