ピルの普及について|国連加盟国で最後まで低用量ピルを承認しなかった国

緊急避妊ピル

2013年の国連人口部の統計によると、避妊手段として経口避妊ピルを使用する人がもっとも多いのはヨーロッパで、フランス41%、ドイツ37%、イギリス28%となっています。アメリカは16%で、ピルよりも女性避妊手術の割合が22%と多くなっています。

 

日本人のピルによる避妊の割合は1%で、韓国の2%、中国の1.2%よりも低い世界最低水準です。日本でもっとも多い避妊法はコンドームの40%で、諸外国の10〜20%台と比べて群を抜く高率になっています。

 

日本でこのように避妊ピルの使用率が低い理由の1つに、低用量ピルの承認に臨床試験の開始から9年という長い期間がかかったことがあげられます。承認されたのは1999年で、アメリカに遅れること25年、国連加盟国では世界でもっとも遅い承認でした。

低用量ピルの入手には医師の処方が必要

普及が遅れているもう1つの大きな理由は、低用量ピルがドラッグストアで購入できる国が少なくない中で、日本では医師に処方してもらわなければいけないことです。病院でも問診と血圧測定くらいで処方してくれるところがほとんどですが、やはり婦人科に行かなければ入手できないのは使用へのハードルになっています。

 

日本で低用量ピルがなかなか承認されなかった理由は、ピルにはコンドームのように性感染症を予防する効果はないので、当時社会問題になっていたエイズのまん延が危惧されたからだと言われています。また、一部にはピルの普及によって若い女性の性道徳が乱れるという意見もあったようです。

個人輸入通販で購入できるピル

ピルをクリニックで購入している女性ならわかりますが、1シートあたりの値段が高いため、海外のようにお手軽にピルを使うのは困難でしたが、、近年ではトリキュラーマーベロンのような処方量の多いピルを個人輸入で安価に海外から購入できるようになり、日本でもピルが一般化し始めたと言えるでしょう。

低用量ピルは女性のQOLを向上させる

女性のQOL

日本でも最近、人工妊娠中絶は減りつつありますが、まだ年間20万件近くの中絶手術が行われています。女性が主体的に避妊できるピルの普及によって、さらに望まない妊娠の件数が減ることが期待できます。

 

また避妊ピルには避妊以外に月経困難症や月経前症候群(PMS)などを改善や、生理日を前や後にずらしたりなど、多くの二次効果があり、その点でも女性のQOL(生活の質)の向上に寄与する薬です。実際には、避妊目的よりそれらの副効能のために低用量ピルを使う女性が多いのもうなずけます。

トリキュラーの詳細はコチラ

トリキュラー

 

国内利用者が最も多い低用量ピル、トリキュラーの海外正規品です。自然なホルモン分泌を促し、排卵を抑制・着床阻害することによって、避妊効果を得ることができます。



商品詳細

あんしん避妊セットの詳細はコチラ

あんしん避妊セット

 

日本で最もポピュラーな低用量ピル・トリキュラー(5箱)、72時間以内に飲めば妊娠阻止率85%の緊急避妊薬・アイピル(2箱)の割引セット。リーズナブルな価格で利用できる点が人気です。



商品詳細

ノベロンの詳細はコチラ

ノベロン

 

ノベロン(マーベロン)は、アフターピルとしても代用でき、副作用も少なく体に優しいピルといわれています。また、生理痛や生理不順の解消、卵巣がんの予防効果もあるとされています。日本では個人輸入でしか手に入れることができません。ぜひこの機会にお求めください。



商品詳細

ヤスミンの詳細はコチラ

ヤスミン

 

ヤスミンは、体重増加の副作用を軽減した最新の低用量ピルです。また、ヤスミンには、むくみを抑える作用があり、ニキビ治療や予防にも効果があり、世界中から絶大な支持を集めています。避妊効果は99%の避妊薬です。



商品詳細

ダイアン35の詳細はコチラ

ダイアン35

 

現在販売されているピルの殆どは体格の大きい欧米人向けに作られています。それを小柄なアジア人が服用すると副作用が強く出てしまうというケースが問題とされてきました。ダイアン35は、小柄なアジア人向けに製造され、身体への負担が少なくなっています。



商品詳細

フェミロンの詳細はコチラ

フェミロン

 

フェミロン(マーシロン)は、日本でも広く使用されているマーシロンと同じ薬です。ホルモンの含有量が少ない分、副作用のリスクが少ないとされています。また、避妊効果以外にも生理痛や生理不順の改善、卵巣がん予防などの効果も期待されます。



商品詳細

ジネット35の詳細はコチラ

ジネット35

 

ジネット35は、アジア人向けに製造された低用量避妊ピルで、「ダイアン35」のジェネリック医薬品です。アジアを始め世界中で支持を集めており、安心してお使い頂ける避妊薬の1つで、妊娠を希望されていない方にお勧めの医薬品です。



商品詳細

ジュリアナの詳細はコチラ

ジュリアナ

 

ジュリアナは、ノベロンのジェネリック医薬品で、一般的な黄体ホルモン剤に見られるような男性ホルモン様作用は弱く、ニキビなどに良い効果があることで知られています。本薬は、できるだけホルモン含有量を抑えて副作用を抑えるべく開発されたものです。



商品詳細

マイクロジノン21の詳細はコチラ

マイクロジノン21

 

マイクロジノン21は、トリキュラーと同じバイエル社から販売されています。マイクロジノンは、1種類のピルにすべての成分が入っているため、飲み違いなどに気を使う必要がありません。



商品詳細

ロエッテの詳細はコチラ

ロエッテ

 

ロエッテは、従来のピルと比較して副作用が少ない事が特徴。通常の避妊薬として使用する他にも、避妊をしない性交渉をしてしまった場合の緊急避妊薬としても使用できる事から人気の高いお薬です。



商品詳細

ヤーズの詳細はコチラ

ヤーズ

 

ヤーズ(超低容量ピル)とは、従来のピルで確認されていた体重増加という女性にとって最も抵抗がある副作用を、極限まで取り除く事を目的とした第4世代の新しい超低用量ピルです。激しい生理痛にも効果があります。



商品詳細

ヤミニの詳細はコチラ

ヤミニ

 

ヤミニは、第4世代と言われている最新のピルであるヤスミンのジェネリック医薬品です。長所は、月経時における出血量の減少、卵巣ガンのリスク減少、骨盤内感染症の予防などです。また、ヤスミン同様むくみを抑制する作用があります。



商品詳細

便利!郵便局での商品受け取りも可能です。

郵便局留め

留守にしがちで商品をいつ受け取れるかわからない

 

海外からの国際通常書留のお荷物は、あいにく日時指定や時間指定をお受けすることができません。郵便局留めの場合には、郵便局にて、いつでもお荷物のお受け取りが可能です。


商品の購入を家族に知られたくない

 

お客様の中には、家族がお荷物を受け取り、勝手に開封されてしまわないかと心配な方も多いです。郵便局留めの場合には、お受取人様本人のみ受け取りが可能です。ご家族や同居人に注文した商品を知られる心配はございません。

プライバシーに考慮した商品梱包でお届けします。

お客様のプライバシーを配慮し、外箱から商品の中身はわからないようになっております。外箱に具体的な商品名の記載は、一切なく、裏側に英語で医薬品とのみ記載があります。(箱の中には納品書が同封されております。)

商品梱包について